内なる自然 変わらないヒトの身体と変化する人の社会

変化する人の社会

ヒトは特別な動物なのだろうか?

近代化/工業化以降、ヒトの集まりである”社会”は自然から独立した世界観を構築し、急激な自己の拡張を経験した。他の動物にはない高度な知能をもって、さまざまな道具の発明をし、地球の資源を枯渇させようかと迫るくらいに繁栄を極めている。

その一方で、その”社会”を構成する現在の”ヒト”は癌や生活習慣病と呼ばれる肥満や糖尿といったそれまでとは異なる生活スタイルから新たな問題が生じてきている。その原因は、生物としての”ヒト”と社会としての”人”のあいだのギャップにある。

生物の”ヒト”は簡単には変化をしない。一方で社会はどんどん変化して、その速度を速めている。われわれは身体は狩猟採集をしていた古代人のままなのに、知識・道具・環境は最先端の現代人というアンバランスな状態にある。

File:Wandering hunters (Masarwa bushmen), North Kalahari Desert.jpg

人類の歴史からみると、ヒトがいまのような集団で生活をするようになったのは、ほんの最近の出来事である。約20万年前に地球に最初の人類が現れて、狩猟採集をして生活していた。狩りは小規模のグループによって行われていたと推定されている。

その生活が大きく変わったのが農耕の登場である。現在の最古の農耕の遺跡は2万3千年前のものと言われる。そこからより大規模な農耕へと品種改良・技術革新を行い、紀元前5300年前にはメソポタミアにて灌漑施設による農耕が現れ、都市や国家が出現しはじめ、それまでの動くスタイルから農耕という定住スタイルが主流へとシフトする。

農耕によって大量の食糧の供給が可能となることによって、それまでほぼ変わることのなかった世界の人口は急激に上昇をはじめる。食料供給の増加と非農業従事者(王族や軍人、職人など)の増加が互いを刺激し合うサイクルとなる。定住によって生活を支える人口の割合が上昇を続ける。農業が始まり環境もまた大きく変わっていった。森は切り開かれて、水路が通されて、新しい環境はそこに住まう生物種を変えた。農業を人類最大の自然破壊だと言う研究者もいる。生物が生きる上で少なからず環境への干渉が伴うことは認識すべきだろう。これは植物の登場が地球を大きく改変してしまったことからも分かる通りで、必ずしもヒトのみに適用される論点ではない。

変わらないヒトの身体

ヒトをはじめ、生物のからだは、DNAと呼ばれる情報伝達ツールによって親から子へと受け継がれる設計図によってかたちづくられる。そして、その設計図はたまに生じるエラー/突然変異によってさまざまなテストが行われて、長い年月をかけて寄り良いものが残るように篩にかけられて、進化してきた。

ポイントとなるのは、この長い年月をかけて、という部分である。これは見方を変えると、ゆっくりとしか変化をしない。と捉えることができる。

ヒトの身体は”脳”の活動を止めないように、エネルギーを貯蓄し常に燃やし続けられるように進化してきた。生物の中でも大量のエネルギーを消費する”脳”を持つヒトにとって、エネルギー貯蓄は非常に重要な課題となる。ヒトはこれを脂肪にエネルギーを蓄えることによって達成している。狩猟採集時代には、必ずしも毎日豊富な食糧にありつけるとは限らなかった、ヒトは長期間のマイナス収支に耐える必要があった。仮に、体重を一定に保つ(エネルギー収支を維持する)ことが出来ないときでも、脂肪を燃やしていけば数週間から数か月は生存していけると言われる。

しかしそんな時代は遠い過去となり、現代社会の多くの国では、毎日の食事にありつけることが当たり前になり(生物の進化史から見ると異例の状況)、さらに西洋諸国では自分が消費する以上のカロリーを長期にわたって取り続けるという自体になっている。

さらに食糧のかたちも変化している。加工食品による食事が一般化している国々では、食品は糖と脂肪を大量に含む一方で食物繊維が取り除かれている。目的は、より美味しさを高め、日持ちを良くすることで、経済的な消費を促進するためだ。しかしこの加工は、ヒトの身体が追いつかないレベルでの糖と脂肪を供給することになる。ヒトの消化器系は、そんなにたくさんの糖を一度に燃やすようにデザインされていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です