風と水の間の家 House of wind and water in the old town 北側外観+コンセプトスケッチ

風と水の間の家(新建築住宅特集2020年3月号掲載) House of wind and water in the old town 北側外観+コンセプトスケッチ

松田祐介、studio colife3 池内健が設計した風と水の間の家の左図:北側外観、右図:コンセプトスケッチ。敷地外周部はポリカーボネイドの塀で囲われ、周囲からのプライバシーを確保する。
梁レベルを高めに設定し、屋根を設け梁下に垂れ壁を設けることで塀越しの風を室内へと導き、雨水を水盤へとゆっくりと誘い、室内への太陽光をコントロールする。
建物周囲にはこの地域の特有の自然の恵みである地下水(うちぬき)による水盤を設けることで、建物周囲の熱環境を整える。新建築住宅特集2020年3月号掲載。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。