風と水の間の家 House of wind and water in the old town コンセプトスケッチ+東西方向をみる

風と水の間の家(新建築住宅特集2020年3月号掲載) House of wind and water in the old town コンセプトスケッチ+東西方向をみる

松田祐介、studio colife3 池内健が設計した風と水の間の家のコンセプトスケッチ。敷地は密集地域に位置しながらも、北に駐車場用地、南に空き地があるため、風を取り入れやすい立地にあることがわかった。東西に細長い敷地形状の中で、出来るだけ敷地境界と建物とのあいだの距離を取ることで、建物へ風を取り入れやすいように配慮した。東西に細長い建物形状とすることで、南北の風をより広い面で受けとめられる配置計画を考えた。新建築住宅特集2020年3月号掲載。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。